食生活について

昨年の秋、老人会の研修の後、講演があった。演題は「米について」で講師は米穀店の主人で話上手であった。だが米についての話は少なく、戦後の米国の日本に対する「パン食」への悪政、また牛乳、ヨーグルト、肉は悪い食材だと言う。私は米と牛乳の生産農家である。帰りに主催した女性の方が私に「米が良いと云う事を勧めるために、牛乳やヨーグルトが悪いと言ったと思います。ごめんなさい」と申し訳なさそうであった。

私の食に対する考え方は、日本人は日本の風土に適した「米」を基本とする食生活が一番だと思う。しかし他国にも優れた食材がある。私は少年時代は食糧難時代を生き、青年時代は食糧増産に懸命に働いた。米を中心とした日本食の貧困さを身をもって体験もした。米を基本とする日本食に、肉、卵、牛乳は絶対に欠く事は出来ない。そしてヨーグルトなど発酵食品も大切だ。

先日、私は近くの総合病院で1泊2日の人間ドックを受けた。結果は、まず食生活では理想の円の中にピッタリと入った。少しだけ足りないのは「果物」をもう少し食すると良いと言われた。また血液検査や他の検査でも医師より、少し注意すべき点はあるが、別段これはと云う事は無いと言われた。現在84才、薬はなにも飲んでいない。田を耕し米作りに励み、起床は毎日5時半、乳牛の搾乳など管理に励んでいる。食は毎日3食、ご飯を基本に、牛乳は毎日、卵や肉そして野菜や魚も意識的に食している。これからは医師の教えを守り、果物を意識的に食して行きたい。


返信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です