「でも」「でも」

先日、子供の頃に同級だったK君と食事会で同席となり、話が弾んだ。そのときにK君がご飯を床にこぼした。話をしながら床に落ちたご飯を箸で拾って食べていた。また、20年程前に坂井郡のT君と畜産会議の後の食事会で隣席となり会話をしていた時にご飯を床にこぼした。T君も落ちたご飯を箸で拾って口に運んでいた。後でさりげなくT君に生まれた年を尋ねると、私と同じ昭和9年生まれであった。

私達の世代は、日本で最大の食糧難時代を経験した。主食である「米」に対する感謝の気持ちは身に染み込んでいる。私の母や祖母は、ご飯や米を少しでも粗末にすると真剣に叱り、主食の米に対する感謝の気持ちをしつけられた。私の集落の26才程上で父の様なN大先輩は、30年程前に私に「こんな良い世の中はないぞ」と語ってくれた。N大先輩は戦場で負傷し九死に一生を得た人である。N大先輩は「ソバ」が好きで時々、福井駅の「ソバ」を食べに自転車で通っていた。また市内の食事処まで自転車を走らせ、心から「良い世の中」と「豊かな食」に感謝し食事を楽しんでいた。

現在は、主食の米に対する感謝の気持ちが薄らいでいる様だ。「でも」「でも」私は、食する米への感謝の気を忘れず、そして、米を生産する感謝の気持ちで「生涯」米の生産に携わって行きたい。


返信

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です