ファームサルートからのお知らせ

ファームサルートからのお知らせ

先日、北海道の町村農場の血統を引く乳牛を導入することが出来た。昭和45年、第5回全日本ホルスタイン共進会が愛知県豊橋市で開催され、私は福井県代表として初めて愛牛を出品した。開会式を直前に控えた時、北海道の町村末吉氏が北海道の出品者40余名に「開会式に遅れない様に駆け足で行こう」と呼びかけて走って行った。全国の酪農家の憧れの日本を代表する町村農場主である。その時が、町村末吉氏との初めての出会いであった。

町村農場の先代は福井県武生地区出身で、今も先祖の墓があると聞く。末吉氏は町村家に婿養子に迎えられ、先祖は大野地区出身との事である。それから十数年後、福井県の乳牛の審査に日本ホルスタイン協会の山本善彦審査長が来県された。その時、私は懇親の席を設け酒くみ交わしながら乳牛改良の話に花が咲いた。第5回全ホ共の時、審査の補助員として参加していたそうである。そのとき町村農場の末吉氏の話が出た。山本氏は「町村農場は日本一の牧場で、日本酪農の指導者としてもトップレベルの農場であり農場主の末吉氏の人格に尊敬している」と言われた。ある時、北海道で1頭あたり産乳量の多い酪農家での研修会に町村末吉氏も出席され熱心にメモをとる謙虚な人間性と、その姿勢に非常に感動したと言われた。後日、私は町村末吉氏に電話し、福井県家畜改良協会の総会に講師として「町村農場のあゆみ」を講演してもらった。

町村末吉氏の学ぶ姿勢と、剣豪の宮本武蔵の格言「我以外すべて師」の言葉を噛み締めている。


去る1月7日、福井県農家の中で私の最も尊敬する農友の中川清氏が逝去された。遺影を眺めながら色々な遺訓を思い浮かべた。その中の一つ、ある時農友のA君が農家の後継ぎの息子に不安を持ちながら中川氏に相談し、息子の良い点も中川氏に語っていた。中川氏は「私が息子さんに話します。君は息子さんに何も言わないほうが良い」と言われた。その後A君が中川氏に嬉しそうに心からのお礼を言っていた。中川氏はA君の息子さんに、さりげなく「君のおやじは○○○と喜んでいたよ」と良い点だけを言ったそうである。

中川氏は、褒め言葉は他人から言ってもらうのが一番だと言っていた。私も思い当たるものがある。私は家庭の事情で14歳から19歳まで叔父の家で生活した。叔父は独学で教員免許を取得し地元小学校の教員、村長、農協長、県議を務めた人である。当時、叔父の家では田畑のほか乳牛、馬、豚、ニワトリが飼育されていた。私は叔父の手足となって働き、農作業を学んだ。特に叔父は稲作に乳牛を加えた福井県で最初の水田酪農の先駆者であった。米の増産と共に①乳牛の堆肥を利用した地力の増進②牛乳販売による農家収入の確保③牛乳飲用による農家の食生活の改善を目指していた。その他蔬菜も取り入れた。そんな農業を叔父は「立体農業」と唱えていた。

私は20歳の時、農家として独立した。その頃、毎年7月ごろ水稲作見会が開かれた。叔父は農業指導者として各地をまわっていた。ある時、全くの他人から叔父が「ヨロ(※1)の稲作りが一番良い」と言っていたと聞かされ、嬉しくなり叔父の期待に答えたいと米作りに熱中した。また私は水稲に酪農を加え、豚、ニワトリを飼い叔父の理想とする「立体農業」に取り組んでいた、そんな時、ある婦人から「叔父さんが、ヨロがウラ(※2)の息子やったらなぁ」と言っていたと聞かされ本当に嬉しかったし叔父の期待に応えたいと思った。

今、農家として独立して60余年になる。特に酪農では現役として福井県で経験と年齢は最高位である。また先日、石川県の友人から現役の酪農家では北陸三県で一位だと聞かされた。叔父の唱えた理想の「立体農業」には未だ未だだ。未完の完となるかも知れないが、人生の終着駅まで坦坦と歩み、少しでも亡き叔父の期待に応えたい。

※1 私の名前は萬と書いてヨロズと読み、叔父はヨロと呼んでいた
※2 ウラは福井弁で「私」のこと

今夏、稲刈りのコンバインの点検整備をしていたら、昨秋に清掃したはずなのに泥土がシッカリとついているではないか。清掃するとき「見る角度」が違っていたのだ。また経営計理も会計事務所に提出すると間違っている時もある。原稿を書き終えて、翌日に読んで見るとチョットおかしいなあと思い書き直す事もある。何事も角度を変えて見るべきと思う。また他人の意見や主張なども参考にすべきと思う。ただし他人の意見などに惑わされて自分の信念が左右に揺れてはダメと強く思う。

私は、市議県議を50数年間務めた尊敬する大先輩(故人)の生き方を指針としている。私が20才ぐらいの頃、青年団活動で挨拶をした時、あとで大先輩は私に「上手に喋ろうとしてはダメだ。自分の日頃の思いや考えを話せば良い。その為には勉強が大事だ」と注意を受けた。また10年ほど前に「地区の事で相談したい事があるから自宅に来い」と連絡があり、大先輩の求める地区の事業に私は先頭に立ち協力する事を快諾した。帰りに「ちょっと待て」と言って机に向かい筆を取り、手紙に「断乎動 断断乎不動」と書いて私にくれた。私はそれを表装して座右の銘としている。それは何事も決断したら直ちに行動し、そして他人の言動に断じて断じて惑わされるなとの教えである。

自分の信念を原点として、他人の意見にも耳を傾けながら自分の信念を磨き行動したいと思っている。

※大先輩とは東郷重三先生の事である。日野川に架かる明治橋の橋銘板の字句は大先輩の字句で、私が東郷先生に書いてもらって取り付けたものである。また、地区の事業とは、日野川に植樹された桜500本である。

五育

20数年前、農林統計の調査農家をしていた頃、北陸農政局の職員の方の講話があり、その中で「食育、智育、徳育、体育、才育」を「五育」と云い、そしてこの言葉は福井県出身の石塚左玄の言葉であると云われ、この時はじめて「五育」と云う言葉と、石塚左玄を知った。その後、食育と云う言葉を良く見聞する事となった。

私は平成21年に県の「食育コーディネーター」第一期修了生であり、昨年は県の「食育リーダー」第一期修了生となった。また10年程前に中央酪農会議の「酪農教育ファーム」認証牧場として、小学校の児童を中心に乳牛の乳しぼり、エサやり体験で年間500名前後を受け入れている。その中で食育の一環として、牛乳の飲用をすすめ、私自身の体験を話ている。

今春、総合病院で骨密度の検査を受けた。私の骨密度は2、30歳台の人を100とすると123であり、同年代(私は82歳)だと148の数値であった。毎日欠かす事のない牛乳の「おかげ」だと思っている。搾乳体験で来場する児童にも牛乳の飲用を勧めている。その時に必ず「汗」を出す事、流す事を強調している。私は酪農と稲作の仕事で汗を流している。児童の皆さんには運動により汗を流してくださいと言っている。図らずとも、最近新聞紙上で「食育と命」の言葉の中に仕事という言葉を入れると出ていた。「食育と命と仕事」となるそうだ。私の想いと一致した。しかし、これからは石塚左玄の唱えた「食育、智育、徳育、体育、才育」の五育でバランスの取れた人材を育成する事だと思う。


昭和33年、私は家畜人工授精師(牛)の免許を取得し、福井市を中心に各農家の乳牛と和牛の人工授精に単車で走り廻った。ある日、国の乳牛関係機関から(県の畜産担当職員を通じ)M農家が生産した乳牛の母牛の生年月日・産次・父牛の名号など追跡調査を依頼された。担当職員は日頃のMさんの飼養管理を考えて「M農家さんはダメだと思うが」と言われた。私も同様、調査に行っても分からないだろうと思った。

そんな気持でM農家を訪ねた。するとMさんに「牛舎に来てほしい」と言われた。Mさんは牛舎の隅の壁際の汚れた新聞紙をめくって調べ始めた。年度ごとの飼養牛の一覧表が約10年分ほど重ねて貼り付けてあり、5年分程めくると記録があった。調査は完璧であった。ビックリした。何回もMさんの牛舎に入りながら、まったく気付かなかった。新聞紙は汚れを防ぐためであった。私も現在、拾数年分の飼養牛の一覧表を牛舎に保存してある。Mさんから学んだ事である。何回か乳牛の追跡調査があったが無事であった。

それ以後、各農家の人工授精に出向きながら意識的に経営管理や人生訓を勉強させて頂いた。私に無い経験や知識を得させてもらった。人はそれぞれに必ず「勝れた何かを持っている」。それを学ぶ姿勢が大切に思う。私の農家経営にも色々な人から学んだものを生かしているつもりだ。


« 古い投稿 § 新しい投稿 »